【家事】皿洗いが面倒。油物の処理や食器の片づけにストレスが溜まったら

皿洗いが面倒。油物の処理や食器の片づけにストレスが溜まったら 家事

夕飯時の洗い物の量が多くて大変だったり、油もののギトギトが取れないこと、食器を拭いて食器棚にしまうまでが面倒。

そんな経験はありませんか?

今回の記事では、皿洗いが面倒でストレスがたまった時の対処法について紹介します。

皿洗いが面倒でストレスが溜まる

夕飯を作った後に、シンクにある大量のフライパンや菜箸、お皿などの調理器具を洗うことがとても面倒くさいです。

調理器具を最初に洗うのは、食べ終わった後の食器も加わると、洗うスペースがシンクに無くなるからです。

ただでさえ家族数人分の夕飯を毎日作るのは労力がいる作業なのに、やっと作り終わったと思ったら、今度は大量の洗い物をしなければいけないことに憂鬱になります。

油もののフライパンやボウルなど、何回も洗わないとネトネトして取れないし、お肉や野菜、魚の骨など切り落とされた残飯部分も近くにあり、生臭いにおいがしたり、けっして気持ちのいい作業とは言えないと思います。

食べ終わった後の食器では特に、ご飯茶碗は水に浸しておかないと、米つぶがこびりついていて取れないので、うっかり水に浸すのを忘れると憂鬱になります。

洗い終わったあとはタオルやキッチンペーパーなどで全ての調理器具や食器をふきあげます。

お皿の水分を切ってから拭いても、タオルはすぐびちゃびちゃになって拭く機能を失うことも憂鬱です。

ふきあげた食器類を種類ごとに分類してから食器棚に戻す作業も行い、その後にシンクのある程度の水垢取りや、残っている残飯処理などの掃除までが、一連の流れになると思います。
掃除の頻度はどれくらい?掃除を頻繁に行わなければならない理由とは
掃除は頻繁に行う必要がありますよね。 少し時間を置いてしまうとすぐに汚れてしまったりするもの。 重要な家事ですが頻度が多く疲れてしまうこともありますよね。 そんな時、どれくらいの頻度で掃除は行うべきなのでしょうか。

皿洗いの面倒を無くすための方法

皿洗いに関して全てを解決できるのは、食洗機があることだと思います。

これから家を建てたりキッチン周りをリファームする方は、システムキッチンに組み込まれているものを購入して設置できるので、その悩みも解決するかもしれません。

ですが、家を建てる予定がなかったり、賃貸物件、リフォームする予定がない方はシステムキッチンに組み込まれた食洗機をつけることができません。

置き型の後付けの食洗機も販売されていますが、家庭によって設置できる家と設置できない家があるのも事実です。

理由としては設置するスペースがないこと、食洗機の値段が高いことです。

食洗機を置ける家庭はこれで解決するかもしれません。

置くことができない家庭は、通常通り皿洗いの一連の流れをこなすしかないでしょう。

工夫できるアイデア3つとしては、上記でも述べたように1つ目が食洗機の活用。2つ目は油汚れが落ちない問題について、油汚れが落ちやすい良いスポンジを使うこと。

また、つけおきするだけで汚れが落ちるという食器用洗剤を使うことだと思います。

3つ目は、食器のふきあげについて、マイクロファイバーなどの水分をよく吸ってくれて絞ればすぐ乾くようなタオルを使うこと。

または水切りラックを活用して乾いてから食器棚にしまうことだと思います。

ドラマを見たりしながら皿洗いをすると楽しめる

楽しむ方法としては、すぐできることとして、音楽やテレビを見たりドラマを見たりしながら皿洗いをすることだと思います。

音楽を聴きながらだと、歌を口ずさみながら作業できるため楽しみながらできると思います。

ドラマやテレビを見ながらの作業は、お皿洗いの嫌なこと1つに集中しなくてすみ、ドラマなどの物語に没頭しながら見れるため気持ちも前向きになると思います。

なにかをしながらするのが苦手な方は、食器用洗剤を自分の好きな香りのするものに変えて、いい匂いを楽しみながらするのも簡単にできる楽しみ方ではないでしょうか。

スポンジも今は動物型や果物の形などさまざまな可愛い形のものが販売され、また色もカラフルで気持ちが明るくなるようなものが多いと思います。

見た目からも楽しみを取り入れられるのではないでしょうか。

大量の食器洗いは憂鬱になりがち

私は自分の実家に住んでいて普段は主人と両親の4人ほどですが、兄弟の家族が頻繁に出入りをするため、週に数回9人くらいの人数のご飯を作り、食器を洗っています。

人数が増えれば増えるほど調理器具や、お皿も箸もコップも数倍に増えシンクがいつもパンパン状態です。

シンクがパンパンすぎて洗う隙間がないくらいで、どの食器を洗ってどの食器を洗ってないのか、なにを水で流したのか分からなくなることもしばしばあります。

その時は分からない食器をもう一度洗うのですが、それも面倒で憂鬱になります。

洗う食器が増えるほどふきあげる食器も食器棚に戻す食器も倍に増え、通常の作業よりも長い時間がかかります。

食洗機があればと思う時もありますが、キッチン周りはたくさんの食器棚や冷蔵庫などで置くスペースがもうなく、食洗機を置くことは叶わずにいます。

家事の作業負担が大きい。特に洗い物は常に流しに出されてきりがない。
家事の負担ってかなり大きいですよね。 特に、家族の食事に関しては妻や母親が一人で行っているケースも多いと思います。 特に洗い物は常に流しに出されてきりが亡くなってしまうことも。 こんな時にはどのように対処すべきなのでしょうか。 具体的な方法について紹介します。

まとめ

洗い物は、食器を洗うだけのようで、片付けるまでの一連の流れがあります。

綺麗な作業というわけでもなく、毎日行わなければいけないので憂鬱になる方も多いと思います。

また、人数が増えれば増えるほどその作業も膨れ上がり大変になります。

少しでも楽しむ方法として、好きな音楽をかけたり、自分の好きな匂いの食器用洗剤を使って香りを楽しんだら、または可愛い形のスポンジを活用して目で見て楽しむなどの方法が考えられます。

嫌な作業も少しの工夫するだけで、気分を上げて作業できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました