家事の作業負担が大きい。特に洗い物は常に流しに出されてきりがない。

食事の後はゆっくりしたい!食器洗いを楽に済ませるためには? 家事

家事の負担ってかなり大きいですよね。

特に、家族の食事に関しては妻や母親が一人で行っているケースも多いと思います。

特に洗い物は、常に流しに出されてきりがなくなってしまうことも。

こんな時にはどのように対処すべきなのでしょうか。

具体的な方法について紹介します。

家事が終わらない理由とやる気を出す方法!
永遠に終わらないようなもの。 と言えば、その中には「家事」も含まれますね。 夜に終えても朝にはまた別の家事をする。 毎日、毎日、毎日。 これには、世の主婦(主夫)の方々はうんざりしますね。 特に、皿洗いや洗濯が終わったと思ったら、 「ごめん、あった」 「お母さん、これも洗って(または洗濯して)」 と、後出しじゃんけんの如く、終わらないこともあるでしょう。 そうなると誰でも、イラっと来ます。 では、家事が終わらない理由とやる気を出す方法としては、何があるのでしょうか?

皿洗い・食器洗いは終わらない

食事にまつわる一連の作業は妻・母親など一人が行っているために起こる問題であると考えます。

食事にまつわる一連の作業といえば、まず、献立を考えるところから始まります。

「今日は何を作ろうかな」と考え、メニューにあった材料を買いに行きます。

そして調理に取りかかります。

夕食だと3品程度必要になりますので、おおよその調理時間は小一時間というところでしょうか?

その時点でかなりの疲労がかかっています。

やっと作り終えて、さあ、食事が始まります。

「いただきます」といって食べ始めます。

ここでやっと座って一息・・・と思っていたらもう「ごちそうさま」が聞こえます。

そう、作るまでの時間は長くても、食べるのは本当に一瞬です。

ほっと一息つく間もなく、今度は片付けをしなくてはなりません。

ふと横を見ると、家族はテレビを見たりスマホをみたりとリラックスして過ごしています。

そんな様子を横目で見ながら、もくもくと洗い物をします。

やっと洗い物を終えて、ソファーで一息。

今度は明日の準備をしようかと台所にもどると、流しにはもうコップやマグカップ、お皿などが置いてあります。

「さっききれいに片付けたはずなのに・・・」とため息交じりでまた片付けを始めます。

一体いつになったら終わるのでしょうか?

掃除の頻度はどれくらい?掃除を頻繁に行わなければならない理由とは
掃除は頻繁に行う必要がありますよね。 少し時間を置いてしまうとすぐに汚れてしまったりするもの。 重要な家事ですが頻度が多く疲れてしまうこともありますよね。 そんな時、どれくらいの頻度で掃除は行うべきなのでしょうか。

家事の食器洗いのストレスを無くすためには?

モチベーションが上がることを考える

モチベーションが上がるようなことを考えます。

食事作りは毎日、しかも1日3食あり、労働に換算するとかなりの労働時間になります。

一体時給いくら・・・?などと考えるとモチベーションは下がる一方です。

食事作りでいちばんうれしいことは、家族がおいしいと喜んで食べてくれることに尽きます。

それこそがモチベーションをあげてくれます。

テイクアウトや外食する

たまには外食やテイクアウトを利用しましょう。

1食でも食事作りから解放されるということは、調理の負担だけではなく、献立を考えたり、後片付けをしたりすることからも解放されます。

時間的にも精神的にもおおきなゆとりが生まれます。

家族も普段と違う食事をすることで、喜ぶことでしょう。

お互いによい影響を与えてくれるはずです。

自分でやってもらう

自分でもやってもらう。

食事にまつわる一連の作業は、大抵の過程が妻や母親がおこなっているのではないでしょうか?

それが当たり前になってくると、だれも負担に気づいてくれずに、さらに精神的負担が大きくなります。

週に1食でも夫に作ってもらう、休日は子供にも手伝ってもらう、できることは自分でしてもらうなど、家族の参加を促していくことで、妻や母親の家事中の孤独感も軽減されることでしょう。
部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法3つ!とにかく風をおくること
6月~7月の時期に部屋干しをする人も多いですよね。 しかし、部屋干しだとなかなか洗濯物が乾かず、いつまでも洗濯物を片付けられないことはありませんか?洗濯物も溜まってしまい、イライラすることもありますよね。 今回は部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法について紹介します。

喜んでもらう食事を作ることを考える

モチベーションが上がるようなことを考えます。

まずは家族が喜んでくれる物をつくることで、食事にまつわる一連の作業、献立を考えてから、材料を買いに行き、調理をして食べるまでが楽しく行えるようになるでしょう。

食事の時間が楽しい時間になれば、食事に付随する家事も苦痛ではなくなります。

もし家族が片付けたあとにまた洗い物を出してきても、怒ったりいやなことを言わないようにすると、家族からもいやなことを言われなくなります。

ただ、そればかりだと不満もたまってくることもあるので、空気を読みながらさらりとこちらの要望も伝えることも必要です。

お互いの思いや考えを理解しあえることで、よりよい協力体制がとれていき、食事にまつわる一連の作業も楽にできるようになるのではないでしょうか?

部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法3つ!とにかく風をおくること
6月~7月の時期に部屋干しをする人も多いですよね。 しかし、部屋干しだとなかなか洗濯物が乾かず、いつまでも洗濯物を片付けられないことはありませんか?洗濯物も溜まってしまい、イライラすることもありますよね。 今回は部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法について紹介します。

実際、1日3食の用意はきつい

我が家では、大抵の場合は妻、母親である私が食事にまつわる一連の作業を行っています。

平日は勤めているので、1日2食作っていますが、土日となると、1日3食つくらなければなりません。

朝、昼は準備に30分程度、片付けに20分程度かかります。

夜はさらに長く、献立を考えてから材料の準備、買い物、調理をしてできあがるまで、1時間から2時間かかります。

食後の片付けも食器だけでなく調理器具等もあり、30分ほどかかってしまいます。

1日のうちに食事にまつわる作業にかなりの時間をとられているなと思ったり、今作り終わってほっと一息ついたと思うとまた次の食事のことを考えなければならずに、なんだか1日食事のことばかり考えているような気になってしまいます。

まとめ

今回、食事にまつわる一連の家事の負担について、考えを書きました。

しかし、家事は多種にわたり、その大半にわたっていろんな悩みもあります。

毎日行うこと、報酬が見えないことからモチベーションが維持しにくいものです。

しかし、自分の考え方や行動しだいで、モチベーションが上がったり、楽しくできたりすることがこの記事を書くことで、再認識できました。

同じ家事をするのであれば、ポジティブに考えて、楽しくできるほうがいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました