洗ったり畳んでしまったりする洗濯が面倒!毎日のようにしなくてはいけない悩み

洗濯物

洗ったり畳んでしまったりする洗濯が面倒に感じている人は多いと思います。

毎日のようにしなくてはいけないというのはやはり悩みですよね。

では、洗濯物を面倒に感じないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

方法について紹介します。

洗濯物が面倒

人間は服を着て生活し、当然汗や汚れが付いてその服を洗濯する必要が出てきます。

今では、全自動洗濯機や洗濯乾燥機があるため大分楽になりましたが、洗濯機に服や洗剤を入れる、干す、畳む、しまうという作業はしなくてはいけないため、面倒に感じる人もいます。

仕事をしていない、家事だけすればいい、気持ちに余裕がある、洗濯自体が好きなど、毎日の洗濯が苦痛には感じない人であれば、この悩みは起きないでしょう。

しかし、この悩みを抱えている人の場合は、仕事あり、忙しい、洗濯が好きではない、面倒くさがりなど、何かの要因から毎日の洗濯を苦痛に感じてしまいます。

洗濯と一言で言っても、洗いから収納までいろいろしなくてはいけませんので、洗濯をすることにメリットを感じない人からするとストレスのもととなってしまうわけです。

洗濯が1つや2つの作業で終わるものであれば、悩まない人が増えるかもしれません。

しかし、洗濯は実に作業が多い家事なので、嫌だなと感じる人が多いのです。

また、中にはあまり汚れていないのに洗濯する必要があるのかと思っている人は、毎日の洗濯に疑問を感じ、この悩みに陥っていることも考えられます。

いずれにせよ、毎日の洗濯に必要性ややりがいを感じられないため、この悩みは起きると言えるでしょう。

部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法3つ!とにかく風をおくること
6月~7月の時期に部屋干しをする人も多いですよね。 しかし、部屋干しだとなかなか洗濯物が乾かず、いつまでも洗濯物を片付けられないことはありませんか?洗濯物も溜まってしまい、イライラすることもありますよね。 今回は部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法について紹介します。

洗濯が面倒な場合の対処法

必要性とやりがいを確認する

まず「洗濯」という家事の必要性とやりがいを確認するということが、この悩みを乗り越えるために大切なことです。

毎日修行のようにしなくてはいけない洗濯を、やりたい、やった方が自分のためになるというものに転換させていくのです。

例えば、次のように考えてみるのです。

洗濯をすることで毎日気持ちよく服が着られる、洗濯して嫌なことを忘れる、好きな香りのする洗剤や柔軟剤で洗って気分を上げる、臭いが気になるから洗濯をする。

このように洗濯する意義を見つけられると、苦痛ではなくなる可能性があります。

喜んでもらえる洗濯の仕方を考える

コツ2つめは、家族がいる場合は、喜んでもらえる洗濯の仕方を考えて実行することです。

例えば、その人の好きな香りの洗剤を使ったり、相手が驚くようなきれいな畳み方をしたりするのです。

愛する家族に心を込めて洗濯をすれば、相手も嬉しいですし、自分もやりがいや喜びを感じられるでしょう。

洗濯を簡素化する

コツ3つめは、洗濯を簡素化することです。

今では洗濯乾燥機がありますので、洗いから干すまでを全て機械に託します。

また、干す場合には、ハンガーに吊るしたままクローゼットにしまうと、畳む手間が省け大分楽ができます。

あるいは家族がいる場合は、畳む作業を分担制にすれば、自分のだけ畳んでしまえばいいので楽になります。

洗濯することで自分を喜ばせる

洗濯を楽しむためには、洗濯することで自分を喜ばせることが方法の一つとしてあると思います。

洗濯が嫌いでないのであれば、少しの工夫で好きな家事に変えられます。

汚れを完璧に落とす方法を自分で調べて実践し、クリーニング店のような仕上がりにする。

香りの違う洗剤を揃え、気分によって使い分け、洗濯をアロマを楽しむ時間にしてしまう。

このように洗濯を自分にとって心地いいものにすれば、毎日でも楽しめるのではないでしょうか。

また、畳み方を研究して自分史上最高の出来栄えを目指してみたり、服をきれいに収納してみたりすると、見た目からも満足するものにできます。

さらに、毎日するのはとても大変なことですので、完璧にやらない日を設け、ご褒美を用意して自分に与える方法もあります。

洗濯は毎日しなくてはいけない家事

主婦として人間として、洗濯は毎日しなくてはいけない家事の一つです。

しかし大好きというものではないため、ほとんど毎日のようにストレス源であることは否めません。

反面、洗濯をしていて気分が晴れたり、きれいに洗えた洗濯物を見た時には喜びを感じたりもします。

この悩みの文章を書いていたら、自分でも考えていなかった洗濯の悩みを乗り越えるコツや楽しみ方が分かり、これらを実践すればいいということも知れました。

そのため、洗濯にはあまりいいイメージを持っていませんでしたが、今までよりはポジティブな気持ちで取り組めるような気がしています。

今思えば、洗濯は作業が多く、一つ一つを完璧にこなそうとしていました。

しかし、毎日するものなのにそれでは疲れてしまいますので、頑張りすぎないようにしたいと思いました。

まとめ

洗濯はすべて終わるまでに時間も労力もかかるため、負担に感じる人が多いのが事実だと思います。

しかし、洗濯はなぜするのかという原点に返ると、清潔な服で暮らすためという必要性のある家事だと分かります。

そのためやって損はない家事ですし、やらなければいけないのであれば、いっそのこと楽しんでこなしていけばいいのではないかと思います。

汚れをきれいに落とす、好きな香りの洗剤で洗う、きれいな畳み方をするなど、目に見える形であなたの頑張りを残せるのが洗濯とも言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました