部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法3つ!とにかく風をおくること

部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法3つ!とにかく風をおくること 洗濯物

6月~7月の時期に部屋干しをする人も多いですよね。

しかし、部屋干しだとなかなか洗濯物が乾かず、いつまでも洗濯物を片付けられないことはありませんか?

洗濯物も溜まってしまい、イライラすることもありますよね。

今回は部屋干しで洗濯物が乾かない時の対処法について紹介します。

部屋干しの洗濯物がなかなか乾かない理由

部屋干しの洗濯物がなかなか乾かない理由は、洗濯物に含まれる水分が水蒸気として空気中に移動しづらくなっていることです。

濡れた洗濯物が乾くとき、洗濯物に含まれた水分が蒸発し、水蒸気へと変化します。

この時、乾かしている最中の洗濯物の周りの空気には、水蒸気が多く含まれている状態です。

さて、空気中に含むことができる水蒸気量には限界があります。

もともとの空気がとても乾燥していたり、気温が高かったりすると、洗濯物の水分をより多く水蒸気へと変化させることができます。

また、風で空気の入れ替えがあると、洗濯物の周りの水蒸気が移動するため、水蒸気量に余裕ができます。

 

晴れて風が吹いている時に外に出した洗濯物がすぐ乾くのは、このためです。

ところが、部屋干しの場合、部屋の空気中の水蒸気量は外よりも高く、洗濯物の水分が水蒸気に変化しづらくなっています。

また、部屋の中は外と違って風も吹かないため、洗濯物の周りの水蒸気も移動せず、より洗濯物が乾きづらくなる状況を作っているのです。

その結果、部屋干しではいつまでも洗濯物が乾かないのです。

特に梅雨時は湿度が高いこと、冬場は気温が低いことが原因で、より洗濯物が乾きづらくなっています。
梅雨時期に洗濯物が乾かない!家族が多く洗濯物の量も多い人へ
梅雨の時期は洗濯物が乾かなくて困りますよね。 雨や曇りの日が多く、部屋干しで済ませる人も少なくは無いでしょう。 とはいえ、家族が多いため洗濯物の量が減ることはありません。 こんな時にどのように対処すれば良いのでしょうか。 梅雨の日の洗濯物事情について解説します。

部屋干しの洗濯物がなかなか乾かない時の対処法

部屋の中の湿度を下げる

部屋の中の水蒸気量が少なくなれば、それだけ洗濯物の中に含まれている水分が蒸発しやすくなります。

部屋の湿度を下げるには、除湿器が効果的です。

洗濯物の水分は重力で下へと移動していきます。

水分が多い洗濯物の下側に除湿器をセットするといいでしょう。

もし除湿器がなければ、乾いた新聞紙を洗濯物の下に置いてもいいです。

新聞紙が水蒸気を吸ってくれます。

また、浴室乾燥機があるなら、こちらも洗濯物を乾かすのに役立ちます。

洗濯物を干す前に浴室内を乾燥させておくと、より短時間で洗濯物を乾かしやすくなります。

風を洗濯物に送る

洗濯物に風を送ることで、洗濯物の周りにある水蒸気を移動させることができます。

サーキュレーターやエアコンを使って風を送りましょう。

両方使ったほうが、より洗濯物を乾かしやすくなります。

干し方を工夫する

洗濯物の干し方で、より乾きやすくすることができます。

 

洗濯物同士をなるべく離して干すようにするといいでしょう。

タオルのように重なりやすいものも、ハンガーを2つ使って重ならないようにする、斜めに干して重なる部分を減らす、といった方法で乾かしやすくなります。

また、ハンガーをかけるときに、洗濯物の下側がアーチを描くように干してみる方法があります。

長いものを外側へ、短いものを内側へと洗濯物を並べます。

こうすることで、バラバラに洗濯物を干した時よりも風が吹き抜けやすくなります。

洗濯ものを乾かすアイテムを有効活用しよう

部屋干しの洗濯物を乾かしやすくする方法はいくつかあります。

色々試してみて、より短い時間で乾かせるような自分なりの方法を工夫してみると、部屋干しが楽しくなるのではないでしょうか。

どの場所に洗濯物を置いてみるか、どのように風を当てるか、といった工夫で、同じ方法でも乾き具合に差が出ることがあります。

また、洗濯物の便利グッズを探してみてもいいでしょう。

洗濯物に空間ができるように作られたハンガーやピンチなど、乾きやすさを追求した商品があります。

他に、浴室乾燥機やエアコンの風を受けやすく設置できる道具もあります。

洗濯物が早く乾くようになれば、部屋干しも楽しくなります。

 

自分の家でできる部屋干しの方法を探してみましょう。

部屋干しの洗濯物にはとにかく風を送るようにする

梅雨時は洗濯物が乾かず、何日も干しっぱなしということがありました。

そこで、エアコンを使って洗濯物に風を送るようにしたのです。

 

エアコンの風が当たりやすい場所へ洗濯物を移動し、一番強い設定で風を送るようにしています。

洗濯物の量が多いときは、エアコンの風が届きにくい場所も出てきます。

特に、長さのある洗濯物は下側に風があまり届いていないことがよくあります。

その時は、エアコンの反対側からサーキュレーターの風を当てています。

サーキュレーターは背が低いので、床に近い場所にある洗濯物に風を送るのにちょうどいいです。

これで、以前よりもずっと洗濯物が乾くのが早くなり、部屋干ししている時間を短くすることができました。

まとめ

部屋干しで洗濯物を早く乾かすには、洗濯物の水分が蒸発しやすい環境を作ることが重要です。

エアコンや浴室乾燥機といった身近にある道具が活用できますし、洗濯物同士を離すといった干し方を工夫するだけでも洗濯物は乾きやすくなります。

部屋干しで早く乾かすことができれば、部屋干しが増える梅雨時や冬場でも、快適に過ごすことができます。

自分なりに道具や方法を組み合わせて、部屋干しがあるときも快適に過ごせるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました