勉強ができない人の対処法!頑張っているつもりなのに成績が上がらない

日常

勉強ができないなぁと悩んでいる方は多いと思います。

いくら頑張っても成績が上がらない、そのせいでますます勉強が嫌いになってしまうということがあるのではないでしょうか。

やはり勉強ができないと将来の選択肢が狭まってしまうというところで焦りを感じたり、もう勉強なんかせずに将来どうなってもいいんだと投げ出してしまう方もいるかと思います。

私も中学2年まで実際にそうでした。

志望校合格するための成績が全く取れずこれでは本番の入試テストもうまくいかないと考えていました。

この記事では、私の経験したオススメの勉強法について紹介します。

上がらない成績と募る焦り

私は中学2年から地元で有名な偏差値の高い学校に入学したいと考えておりました。

そのためには当時の成績では全く足りず、かなりの努力が必要とされる状況でした。

私は勉強時間を1日今までより+2時間確保しようと考えていました。

その計画通り実際に勉強するのですが全く成績が上がらなかったのです。

このままじゃ私は志望校に合格することができない、そして将来自分が進みたい道に進むこともできなくなってしまうのではないか、そんな不安に押しつぶされそうになっていました。

 

勉強ができない・成績が上がらない理由

頑張り方が間違っている。

まず1つ目の理由としてがんばり方が適切じゃないことが考えられます。

私の場合、勉強時間をとにかく確保しようと考えておりましたが、重要なのは志望校合格のために必要な点数を踏まえて自分が何を頑張ればいいのかと言うことを徹底的に考え抜くことでした。

ですから、まずは自分の目標を立ててその目標達成するために何が必要なのか、どう自分は頑張ればいいのかということをノートなどで目で見えるようにするのが最重要だと思います。

 

時間が圧倒的に足りていない。

2つ目の理由は時間が圧倒的に足りないということです。

実際勉強ができる人がどれくらい勉強しているか聞いてみてください。最初は本当のことを言わないかもしれません。それは照れくささだったり、プライドだったりがそうさせるのかもしれませんが、仲良くなって徹底的に頭の良い人が普段行っている勉強時間というものを聞くことがとても重要だと思います。

自分では考えられない位の勉強をしていると言う確率が高いです。

実際私もそうでしたあんなに勉強しなきゃならないんだと気づくことが重要なのです。

 

モチベーションが維持されていない。

計画をしっかり立てたとしてもモチベーションが維持されていなかったら継続的に勉強するなんて事はできないですよね。

勉強する気持ちが起きないと言うことも勉強ができないことにつながります。

ですから勉強する気持ちを高める、つまりモチベーションを上げるということが重要なのです。

そのために志望校合格への意識を強めていくことが必要です。

この具体的な策については対処法のところで述べますが、とにかくモチベーションをどう上げるかというところは非常に重要になってきます。

家事育児が辛い!家事分担の方法で上手な頼み方を紹介
主婦であれ、共働きであれ。家事と育児が合体すると、これ以上にないラスボス級の大変さが目に見えます。本当は家事分担をしたいけど……うちの主人、聞いてくれないし。結局は私が全部やるんだ……と、思っているそこのあなた!思いは言葉にしなければ通じません。何事も諦めではなく、粘り強く交渉してみましょう!そこから見えることもあります!

勉強ができない人の対処法

頑張り方を適切にする

頑張り方が間違っていると言われても、じゃあどう頑張ればいいのかと言う疑問が浮かんできますよね。

当たり前だと思います。でもそこで止めてはならないのです。

自分で徹底的にどうやれば正しい努力の仕方にたどり着くことができるかということを考えなければなりません。

この常に自分の頭で解決策を考えていこうとする姿勢が勉強にもつながってきます。

1つ具体的な案を挙げるとすると、やはり頭の良い友人にとにかく話をかけると言うことです。

頭の良い友人が普段どのように努力しているか知るだけでいいのです。

それが自分の適切な方法だったりします

 

時間を確保するためには何かを捨てる

私には全然時間がないよ、と言う方もいるかもしれません。

自分が普段何を行っているかと言う事はすごく重要なポイントになってくると思います。

しかしながら勉強をほんとにできるようになりたいと思うのであれば自分が今普段行っている何かを捨てなければならないのです。

勉強できると自分はどんな良いことがあるか想像してみてください。

今自分が行っている普段のゲームだったりスマホをいじる時間だったり、そういった時間を見直していくことがとても重要なのです。

その中から自分で時間を確保するこれが具体的な案です。

 

モチベーションを高めるには目標を何度も確かめよ

モチベーションをどうやってあげたらいいかわからない方が多いと思います。

では自分がなぜ勉強したいのか勉強できるようになりたいのか考え直してみてください。そこに必ず目標があると思います。

自分の勉強しなければならない理由を考え抜くことで、自分がどうなりたいのかと言う理想の自分像を作ることができます。

その理想の自分像に自分が実際に近づくためにはやはり勉強することが自分にとって、とても大切で、とても充実した時間になるということを想像します。

常にそうやって自分の理想像を創造することがとても重要だと思っています。

 

勉強はできた方がいい

これまで私は勉強をできるようにする具体的な案を3つほどあげてきましたが、やはり勉強はできた方がいいです。勉強ができて後悔をしたと言う人は未だ出会ったことがありません。

むしろ勉強をおろそかにしてしまって後悔しているという方が圧倒的に多いです。

これを知った上で、自分はじゃぁ何をするか、考えてみてください。

具体的な案はもうすでにあなたの頭にあります。

するかしないかはあなたの自由ですが、するかしないかであなたの未来は大きく変わります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました