毎日の食事作りにおいて、献立を考えるのが面倒で億劫だという悩み

毎日の食事作りにおいて、献立を考えるのが面倒で億劫だという悩み 家事

毎日の食事作りにおいて、献立を考えるのが面倒で億劫だという悩みは誰にでもありますよね。

とはいえ、食事作りは毎日の家事として必須。どうにか楽にできないものか?

今回は毎日の献立が面倒な人のための対処法について紹介します。

献立を考えるのが面倒な理由

食べるという行為は、生きていく上で避けられません。

そこで、毎日何かしらのご飯を作らないといけないのが億劫だと感じる人が多いようです。

かといって、毎日外食したりお惣菜を買ったりするのは栄養面も気になりますし、何よりお金がかかってしまいますよね。

特に子どもがいる家庭では、子どもの栄養面が気になったり、限られた予算で満腹になるような工夫が必要だったりと大変です。

好きな食材や欲しい食材を自由に買うことができて、調理の時間も好きなだけかけられればまだ良いのかもしれません。

でも現実には、予算も時間も限られていることが多いため、結局ワンパターンになりがちです。

また、自分が育ってきた家庭環境からも影響を受けており、食べてきたメニューと言うのも意外と偏りがあったります。

自分が食べてきたものしか、パッと思いつかないものです。

他に考えられる理由としては、せっかく作っても子どもたちが小食であまり食べてくれないとか、家族の好き嫌いが多いため、どうしても限られたメニューになってしまう、といった人も多いようです。

毎日毎日、それも3食用意しなければならないので、どんなに料理が好きで得意な人でも、食事作りの負担は起こりうるのです。

【家事】皿洗いが面倒。油物の処理や食器の片づけにストレスが溜まったら
夕飯時の洗い物の量が多くて大変だったり、油もののギトギトが取れないこと、食器を拭いて食器棚にしまうまでが面倒。 そんな経験はありませんか?今回の記事では、皿洗いが面倒でストレスがたまった時の対処法について紹介します。

献立を考えるのが面倒な場合の対処法

他の人の献立を参考に

1つ目は、SNSやネットを利用して、他の人の献立を参考にすることです。

例えば同じ野菜であっても、調理方法や味付け、組み合わせを変えるだけで何パターンものレシピが出来上がります。

自分では思いつかないようなレシピも、他の人たちがたくさん考えてアップしています。

レシピはもちろんですが、同じものを作ったとしても、ちょっとした工夫をしたり盛りつけを変えたりするだけでも新鮮に見えます。

買い物に行ってから献立を考える

2つ目は、献立を考えてから買い物に行くのではなく、買い物に行ってから献立を考える方法です。

その日の特売品を使った献立にしたり、他の人が買っているものを見てヒントを得たりすることができます。

また、頭で考えるより、実際に見て手に取ることで、イメージもわきやすいですよ。

献立日記(記録)をつける

3つ目は献立日記(記録)をつけることです。

文字に起こすのが面倒であれば、スマホで写真を撮るだけで構いません。

1年前の今日何を作っていたか、とか過去の献立を参考にするのも1つの手です。

レパートリーが少なくて参考にならない方は、保育園や学校の給食メニューをとっておくのもおすすめです。

給食の献立はバランスよく考えられているので、メインや副菜だけでも参考にすると良いです。

献立を考えるのを楽しむためには?

食材を見たときに、思い浮かぶ献立というのはだいたいパターン化されていることが多いと思います。

例えば、人参、たまねぎ、じゃがいも、とくれば「肉じゃが」や「カレー」を思いつく人が多いでしょう。

あえて、それ以外の味付けや献立ができないか考えてみるのも楽しいです。

子どもがいる人であれば、子どもに聞いてみるのもありです。

子どもは大人と違って、発想が柔軟なので、大人が思いつかないような献立や調理方法を提案してきます。

そんなの美味しいのかなと思っても、やってみると意外と美味しかったり新鮮だったりするのでおすすめです。

他には、行ってみたいレストランや食べてみたい料理をネットで調べて、自宅で作るのも楽しいですよ。

献立を考えるのが面倒になってしまった体験談

私はどちらかというと、料理が好きで得意な方ですが、それでも毎日毎日となると自分の料理に飽きてきます。

もちろん嫌になることもあります。

そんなときは、ネットを活用して、食材だけ入れて検索をします。

するとたくさんのレシピが出てくるので、今まで作ったことがないものや、あるものだけで簡単にできそうなものを作ります。

また、たまには主人に作ってもらうようにしています。

単純に楽ができるというのもありますが、自分なら絶対にしないような斬新な味付けや組み合わせをするのでとても新鮮です。

同じ食材を使っても、作る人によって料理は本当に変わるんですよね。

子どもに作らせたときは、さらに斬新なものが出来上がりました。

意外とおいしくて、また1つ参考になりました。

【家事】食事の後はゆっくりしたい!楽に済ませるためには?
家族で食事した後、少なからずホッとしたひと時を過ごしたいですよね。 しかし、食事の後に待っているのが食器洗いや片付け。 今回の記事では、家族で食事した後の悩みを解決していきたいと思います。

まとめ

毎日の献立を考えるのに疲れたり飽きたりしたときは、ネットで検索したり、他の人が作っているものを参考にしたりするといいです。

また、子どもがいる人は、子どもの柔軟で斬新なアイデアが役に立つ場合もあります。

他には、献立日記をつけたり学校の給食メニュー表を取っておいたりして参考にするのもおすすめです。

また、献立を考えてから買い物に行くのではなく、買い物に行って食材や特売品を見てから献立を決めるのも効率的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました