【家事】収納の片付けのコツ!部屋に物があふれて片付かない時の対処法

収納の片付けのコツ!部屋に物があふれて片付かない時の対処法 整理整頓

衣類が多いと収納に入りきらないということがありますよね。

リビングなどにたくさんのモノがあり、ソファー等に散らかっていたりしますよね。

そんな時の収納のコツについて紹介していきます。

整理整頓ができないのは「買いすぎ」

根本的に収納が少ないという現実がある中で、ものがあふれかえるというのは整理整頓ができていなということです。

まずは、普段使わないものを奥の方にしまい込んでおり、収納スペースを圧迫している可能性があります。

次に、片付けを後回しにする癖がある人です。

さらには、ものを捨てることができないタイプの人もこのような現象に陥ることが多くあります。

そして、使うものと使っていないものとが家の中で混ざって置いてあるということが考えられます。

また、日用品などのストックを必要以上に買い込んでいる可能性もあります。

さらに片付けをするのにものの定位置が決まっていない人も、様々なところにものが置かれ、あふれかえることに繋がってしまいます。

そもそも収納スペースと収納するものの量のバランスを理解していないため、このような悩みが起きてしまうのです。

さらに収納スペースを活かしきれていない人も多く、デッドスペースが多く存在していることもしばしばです。

そして、収納スペースが少ないのに中に無理やりに詰め込みすぎて何がどこにあるかわからなくなることもものが増えていってしまう原因となっております。

基本的には、このようなことが原因となっていることが多いので一度見直してみてはいかがでしょうか。

収納のコツは断捨離・配置・デッドスペースの有効活用

続いて、悩みを乗り越えるコツを紹介します。

断捨離

まずは一度多少の時間がかかったとしても断捨離を行なうことです。

一回本当に必要なものとそうでないものを選別して迷ったものは原則捨てることとして、整理してみましょう。

一度行なっていくとこれだけでかなりの量が家の中から無くなるはずです。

物の置き場所を決める

次に、ものの定位置、すなわち置き場所を決めましょう。

そして、同じ種類のものはひとつの場所にまとめるようにして管理するようにしてストックも少なめにしておきましょう。

こうすることで、本当に必要なものだけを目の届く範囲で管理できるようになります。

併せて収納の定量も決めるようにしましょう。

詰め込むのではなく、8分目程度にしておくことで、ゆとりも生まれるのであふれかえることがなくなります。

デッドスペースの有効活用

3つ目は、デッドスペースの有効活用です。

棚の中などに突っ張り棒などを使用し、新たな収納スペースを作り出すこともできます。

これにより、細かなものも外に出さず、収納スペースの中で管理できるようになるので、スッキリとしてきます。

そして、基本中の基本ですが、使ったものはもとの定位置に必ず戻すということです。

これを怠るといくら収納スペースが片付いていても、ものがあふれかえってしまうので、もともこもありません。

掃除の頻度はどれくらい?掃除を頻繁に行わなければならない理由とは
掃除は頻繁に行う必要がありますよね。 少し時間を置いてしまうとすぐに汚れてしまったりするもの。 重要な家事ですが頻度が多く疲れてしまうこともありますよね。 そんな時、どれくらいの頻度で掃除は行うべきなのでしょうか。

収納をスッキリさせて部屋をリラックスできる空間にすること

今ものがあふれかえっていて悩んでいる方、まずはこれが片付いてスッキリして空間で寛いでいる自分を想像してみてください。

例えばホテルのような空間で毎日寛いでいるような姿を思い浮かべればそこに向かって、楽しみながら悩みを解決できるでしょう。

そして、本当に必要なものやお気に入りの服を中心に日々の生活を送ることができるので、毎日がワクワクする時間になることでしょう。

日々の片付けに悩まされる時間もなくなり、その分自分にとって本当に必要な時間を過ごすことができるようになりますよ。

一度ものに対してアプローチをかけることができれば、次のステップとして時間に対してアプローチをかけることができるようになります。

そうすることでライフスタイルに変化を感じることができるようになるので、毎日を楽しく過ごすことができるようになりますよ。

収納が無くて部屋が狭いと気持ちが落ち込むことも

部屋が広いことにかまかけて、ものがどんどんあふれかえっていったときに、気持ちがへこんでしまうことが増えました。

なぜかやる気が起きず毎日家に帰ることの楽しみもなく、寛ぎのスペースがストレスのスペースに変化してしまいました。

そうなると悪循環の始まりです。

現状をキープするどころか、どんどんものが増え片付けがまったくできない状況になりました。

このようなサイクルではなぜか、仕事もうまくいかずお金の使い方も荒くなり、貯金を切り崩すような生活になっていきました。

自分自身が生活する場所の変化が、気持ちやライフスタイルに多大な影響を及ぼすことを痛いほど体験し、二度とこのような生活には戻りたくないと今でも強く思っています。

まとめ

とにかく日々の習慣が少しでも乱れてくると、すぐに散らかるようになってしまいます。

片付けやものを増やさないということを日々の習慣にすることで、大きく乱れてしまう前にリセットするようにしましょう。

そして、スッキリとした空間で日常を送ることで、気持ちの安定感を感じながら、有意義な時間も併せてつかみ取るようにしましょう。

そうすることで、新たな毎日を過ごし、新たな人生の道が開けてきますので、一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました