洗濯物の部屋ぼしで嫌な臭いが気になる!生乾き臭はアイロンで消せるのか?

洗濯物の部屋ぼしで嫌な臭いが気になる!生乾き臭はアイロンで消せるのか? 洗濯物

この季節、雨だからと洗濯物の部屋干しを行うことも多いですよね。
そんな時だからこそ、生乾き臭が気になるもの。

しかし、その生乾き臭、実はアイロンによって消すことができるって知っていましたか?

生乾き臭の消し方について紹介します。

部屋干しで気になる生乾き臭について

部屋干し臭の正体は菌なんです!

部屋干しで気になる臭いはいわゆる生乾き臭と呼ばれるものです。
この生乾き臭は洗濯物の汚れや、洗い残しが匂っているという訳ではありません。

その原因は細菌です。

原因菌は名前を「モラクセラ菌」と呼ばれ、洗濯物に残った皮脂や水分などの汚れを栄養にして繁殖します。

もっというならばモラクセラ菌自体が匂っているのではなくて、モラクセラ菌の排泄物である糞があの嫌な生乾き臭を出しています。

特に部屋干しにする場合は、必然的に部屋の湿度も上がるのでモラクセラ菌にとって繁殖しやすい環境になります。
一度この菌が繁殖してしまうと、その後何度も洗濯機で洗ったり、お日様のもとで干したりしてもなかなか臭いは取れません。干したり紫外線に当てたりしても、菌は死なないようで効果はないそうです。

原因としては部屋干しのほかに、汚れた洗濯物を洗濯かごに入れっぱなしにしてもモラクセラ菌は繁殖します。洗濯かごに入れっぱなしにすることで、かごの中の湿度が上がります。

そこにもし汚れたり濡れたりした洗濯物があれば、菌にとっては天国です。

洗濯する前からそんな環境を作ってしまうと、たとえそのあとに部屋干しでなく天日干しが出来たとしても後の祭りです。モラクセラ菌は常在菌なので、どこにでもいます。だからまず最初に繁殖しやすい環境においてしまうことが臭いの原因になります。

部屋干しの洗濯物が乾かない!匂いも気になる場合の対処法
部屋干しは乾きにくく、匂いも付きやすい 梅雨や冬の時期って、部屋干しすると洗濯物が臭くなっちゃう… 普段は外に干している洗濯物が、梅雨の時期になると雨のせいで外に干すことができなくなります。雨に濡...

部屋干しの生乾き臭を撃退した体験談

私が成功した生乾き臭撃退方法は、先にアイロンをかけること!

 

梅雨の時期になるとどうしても部屋干しが増えるのですが、浴室乾燥しても除湿機を使ってもなかなか生乾き臭がとれずに苦労しました。

部屋干しだと疲れて仕事から帰ってきたときに、部屋が臭くてむっとこもった感じになっていることもストレスでした。ただでさえ疲れているのにさらに臭いと湿気にやる気をそがれて、そのあとの他の家事も捗らなくて困りました。

コインランドリーも使いましたが、そこまで持っていくのも大変だしお金もかかるし、洗濯物が紛失する事件もあったのでどうにかいい方法はないかと考えたのが、先にアイロンをかける方法でした。

特にドラマを見ながらやっていたのでちょっとした息抜きにもなって、臭いの悩みも解決出来て嬉しかったです。
洗濯物たたむのがめんどくさい!疲れる場合の対処法3選!
洗濯物をたたむのって疲れますよね。 それに何より面倒くさい! しかも同居する家族が多ければ多いほど、洗濯物の数は多くなります。 ましてや小さい子供がいる場合は尚更ですよね。 では、洗濯物をたたむのが面倒くさい時にどうすれば良いのか、その対処法について紹介します。

部屋干しで気になる生乾き臭を消す方法3つ

生乾き臭を解決する方法はいくつかあります。

 

順に紹介していきます。

  • カゴに入れっぱなしにしない
  • アイロンをかける
  • 酵素系漂白剤で煮洗い

カゴに入れっぱなしにしない

 

まず1つ目は菌を繁殖させないことが大事なので洗う前の洗濯物をかごの中に入れっぱなしにしないことです。

もし出来るなら洗濯物は溜めずにまめに洗う方が菌は繁殖しません。

もし生乾き臭が発生してしまった場合は、60℃以上の熱で繁殖が抑えられます。

モラクセラ菌は天日干しには強いのですが一方で熱に弱いことが分かっています。

アイロンをかける

アイロンをかける

2つ目は、洗い終わってまだ濡れている洗濯物にアイロンをかけることです。

ヨーロッパでは部屋干しをしても生乾き臭はないそうです。なぜかというと洗濯にお湯を使うのでモラクセラ菌が繁殖しないためだと思われます。

そこで部屋干しの時に洗い終わってまだ濡れている洗濯物にアイロンをかけます。アイロンをかけることで高温になり菌の繁殖はかなり抑えられます。

しかもアイロンの熱は水分も飛ばしてくれるので洗濯物が早く乾きますし、取り込む時に改めてアイロンをかけなくても済みます。

家事がかなり楽になる方法だと思います。

酵素系漂白剤で煮洗い

 

最後3つ目はさらに強力な方法で、酵素系漂白剤で煮洗いをする方法です。
塩素系だと色落ちの危険もあるので酵素系の漂白剤が安心です。
酵素系漂白剤自体が40℃から50℃の温度で最も効果を発揮するのでそこまでぐつぐつと煮込むことはありません。

また臭いをとるだけなら重曹で煮るのも効果的です。ただし、酵素系漂白剤も重曹もアルミ素材の鍋は黒ずんだりするので避けた方がいいです。
ステンレスやホーロー素材がお勧めです。

好きな香りの柔軟剤を使ってみよう

好きなものを使って楽しい気持ちで問題解決!

 

生乾き臭の中、洗濯物を干したりすることそのものが嫌な気持ちになるので、好きな香りの柔軟剤を使うだけでも気分が上がると思います。

臭いがないだけでも洗濯物を干すときのストレスは減るはずです。

特にアイロンをあらかじめかけるやり方はそのあとの家事が楽になりますし、アイロンの熱で柔軟剤の香りも感じられるので気分はよくなるはずです。

アイロンがけの際には録画したドラマを見ながらやるのもおすすめです。
柔軟剤だけでなく、ちょっとオシャレなリネンウォーターを使ってみたりしても洗濯自体がオシャレなことに思えて楽しくこなせます。

またどのやり方が一番効果的なのかを実験するつもりで取り組んでみるのも、臭いを取る目的だけじゃなくなるので楽しめるのではないでしょうか。
洗濯物の干し方をどの干し方が一番早く乾くか探るのも面白いかもしれません。

まとめ

部屋干しで気になる臭いはいわゆる生乾き臭と呼ばれるものです。

 

この生乾き臭の原因は細菌です。原因菌は名前を「モラクセラ菌」と呼ばれ、洗濯物に残った皮脂や水分などの汚れを栄養にして繁殖します。モラクセラ菌の排泄物である糞があの嫌な生乾き臭を出しています。

特に部屋干しにする場合は当然、部屋の湿度も上がるのでモラクセラ菌にとって繁殖しやすい環境になります。

それを解決するにはモラクセラ菌を60℃以上の環境に置きます。

洗い終わってまだ濡れている洗濯物にアイロンをかけます。アイロンをかけることで高温になり菌の繁殖はかなり抑えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました