家事が終わらない理由とやる気を出す方法!

家事

永遠に終わらないようなもの。

と言えば、その中には「家事」も含まれますね。

夜に終えても朝にはまた別の家事をする。

毎日、毎日、毎日。

これには、世の主婦(主夫)の方々はうんざりしますね。

特に、皿洗いや洗濯が終わったと思ったら、

「ごめん、あった」

「お母さん、これも洗って(または洗濯して)」

と、後出しじゃんけんの如く、終わらないこともあるでしょう。

そうなると誰でも、イラっと来ます。

では、家事が終わらない理由とやる気を出す方法としては、何があるのでしょうか?

夫に家事をやってほしい!上手な頼み方や方法は?
「夫に家事をやってほしい!」 「夫に家事をお願いしたい!」 「ちょっとでいいから、手伝ってほしい!」 そう願う奥様方は、世の中にごまんといるでしょう。 特に共働きや子供がいたり、子供の人数といった環境によっても度合いが違います。 そういう場合は涙を呑んで耐えるだけなんでしょうか? いいえ、そういった時こそ、頼んでみたりするべきです! 自分自身が元気でなければ、みんな元気ではなくなります。 では、上手な頼み方やその方法は何なんでしょうか? あるんでしょうか? 実は……あるんです

一日の家事って、何があるの?

そもそも家事とは、「家の仕事」だと思います。

やり方としてはバイトや仕事先とはちょっと異なります。

ルーチンワークを毎日こなすわけですから、どうしても同じ作業を延々とやっている印象が強いです。

ではここで、まずやるべき仕事をまとめてみましょう。

朝(専業主婦で小さな子供がいる場合)

  • あれば)お弁当作り
  • 家族の朝食作り
  • 家族の支度の手伝い
  • (保育園、幼稚園の準備など)
  • 送り出し
  • ゴミ出し
  • 洗濯物(晴れているなら早いうちから干す方がいいでしょう)

 

  • 自分の昼食作り
  • 掃除
  • 買い物
  • 回覧板をみたり
  • 雑務

  • 家族の夕食作り
  • 皿洗い
  • 洗濯物を畳む
  • 風呂に入る
  • 朝の準備
  • 就寝

 

などなど。

 

もちろん、共働きや子供の有無によって作業内容は変わってきます。

子供に至っては、年齢や人数によっても違ってくるでしょう。

「うちはこんなことやっているよ!」

という方もいるとは思いますが、とりあえず、一例として挙げました。

夫側にも、会社という仕事はありますが、それと家事とは色が違いますね。

世の主婦(主夫)さんは、これだけの肉体労働や気配りを毎日やっています。

それも、朝になればリセットされて、また一からという循環。

家事に追われて好きなこともできない。

そうなってしまうと、家事も終わらずやる気も出ませんね。

 

家事が終わらない理由

家事は毎日やるものです。

今日さえ乗り切れば明日以降はやらない、という作業ではありません。

それでも、いくら家族を支えるためとはいえ、作業循環はもはや悪循環とも言えます。

よく、

「お母さんが元気じゃないと家庭は回らない」

と言う方がいますが、例えるのなら、まさに主婦(主夫)さんは独楽の軸とも言えます。

回るだけに。

確かに家事をやる人がいない家庭は、何も回らないでしょう。

誰かがやるべきですが、押し付け合いなすりつけ合いでは話になりません。

 

家事が終わらない理由は、簡単に言えば、それは「疲れている」という言葉に尽きます。

早朝に誰よりも早く起きて、あれやってこれやって。

気づけばもう昼を過ぎていて。

慌てて夕飯を作り、片付けて、また朝が来る。

これでは、疲れてしまうのは避けられません。

  • 主婦(主夫)さんはロボットではありません。

体力にも限度があり、一つしかない身体を酷使すれば、誰だって追い込まれます。

「たかが家事で」

と思われる方がいるなら、それは間違いです。

一〇人いれば一〇個の家庭環境があります。

例えば、もしその家事に「乳幼児」がいたりすれば、主婦(主夫)さんはまともな睡眠も取れずに疲弊していってしまいます。

その乳幼児の祖父母がそばにいたとしても、気を遣ってしまえばもっと疲弊します。

それでも家事はやらないといけない。

精神的に追い込まれてやる気をなくす。

それは誰にだってありますし、誰もが一度は通らなければならない道です。

やる気を出す方法!

もしも、身体がだるい、重いと感じるのなら、まず横になってみましょう。

「そんな時間ない!」

と思う方もいますが、連続して働くよりも一〇分二〇分と昼寝をするだけで、スムーズに作業が進むと言われています。

 

毎日、毎日、同じことをするのは大変です。

慣れれば大したことないと感じますが、みんながみんなそうとは限りません。

ます、ゆっくりと休憩してみましょう。

 

次にやるのは、「メモに書きだす」ということです。

あれもやらないと、これもやらないと、と頭の中で考えていると、脳内で倒しても倒しても攻撃してくるモンスターのように、永遠に終わらない気がします。

そこで、メモに一日の作業内容を書きだす、またはケータイのメモ機能を使ってもいいでしょう。

それでメモした作業を終えたら、どんどん消していく。

そうすれば、やらないといけない家事の内容を可視化できます。

細かく書いた買い物メモと同等です。

どんどん家事を終えていくと、

「ああ、あとこれくらいか」

とペース配分について考え直せますから、作戦会議もできます。

そうなると、夜寝ても、

「明日も頑張ろう」

となるはずです。

 

まとめ

今挙げたのは、あくまで専業主婦の話です。

もちろん、共働き家庭などもあるので条件ややる気を出す方法も変わってきます。

ですがやはり、大切なのは、自分を追いこんだりしないというところだと思います。

「休憩する」

「追い込まない」

「やるべき作業を書きだし、整理する」

この三つがとても重要だと、私は思います。

 

「やる気は気合」という方もいますが、「やる気は個人によって違う」と私は思います。

産まれてくる子供がみんな違うように、やる気だって一人一人違います。

他人と比べるものではないことだけ、どうか忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました