部屋干しの洗濯物が乾かない!匂いも気になる場合の対処法

洗濯物

部屋干しは乾きにくく、匂いも付きやすい

梅雨や冬の時期って、部屋干しすると洗濯物が臭くなっちゃう…

普段は外に干している洗濯物が、梅雨の時期になると雨のせいで外に干すことができなくなります。雨に濡れた洗濯物はカビが生えてしまいやすいため、雨天が続く場合は外干しは控えるか、洗濯回数を減らして部屋干しに切り替えたりしますよね。

しかし、室内で洗濯物を干したとしても、元々の湿度が高いせいで洗濯物はなかなか乾きません。しかも、生乾きの状態では、落としきれなかった洗剤や柔軟剤、汗やごみの臭いが室内の空気と混ざって不快なにおいを生んでしまいます。

さらに洗濯物から出る水分によって湿度もあがるため、部屋全体の不快指数があがってしまいます。

季節は異なりますが、同じことが冬季にもいえます。
冬場は日照時間も少ないため、朝早くから洗濯物を干してもなかなか乾かないときがあります。

寒い地域では、外干しをしていると洗濯物の水分が凍結し、服自体がいたんでしまうこともあります。

そのため部屋干しへと切り替えますが、冬季は室内の換気などがおろそかになってしまうため、結局完全には乾かず、部屋干しのにおいが気になってしまいます。また冬季は厚手の服も増えるため、完全には乾ききらないこともよくあります。

そうなると衣類の分厚い部分に洗剤や落としきれなかった汗、ごみなどがたまってしまい、部屋干しのにおいを不快に感じてしまう原因となります。

 

梅雨の時期、室内干しで乾きにくい洗濯物を乾かすためのとっておきの3選
梅雨になると湿度が上がり、さらに雨が続くため、洗濯ものが乾きにくくなることが多いです。 洗濯ものが乾かない場合、匂いが等が気になってしまうことも多いもの。 今回はそんな梅雨の時期に乾きにくい洗濯物を乾きやすくする方法を紹介してい...

部屋干しで乾かない・匂いが辛い時の対処法!

こんな方法で対策が可能ですよ!

  • 等間隔に干す
  • 風を当てる
  • 専用の洗剤を使う

等間隔に干す

梅雨の時期における部屋干しは、量を少なくして、洗濯物と洗濯物の間隔をあけて干すことが大切です。

密集した状態だと通気性が悪く、乾きにくい状態がさらに促進してしまいます。フードがついているものはその部分を広げたり、タオル類は伸ばして干したりして広々と干しましょう。

風を当てる

扇風機や冷房、除湿器を使用するのも良いです。

除湿器は空気清浄機と合体しているものもあるため、不快な部屋干しのにおいを解消するのにも役立ちます。

専用の洗剤を使う

最近では洗剤にも部屋干し用のものが販売されています。不快な部屋干しのにおいを軽減し、速乾性を高めたものなので、においが気になる場合は、こうした洗剤から改善していくのも方法のひとつです。

また、冬季における部屋干しは逆に有効になることもあります。

冬は特に湿度が低下し、乾燥気味になるため、部屋干しを行うことで湿度を適度に保つことができます。
その際、暖房を使用して暖かい風が洗濯物にあたるように配置しましょう。洗濯物の間隔をあけて風通しをよくしておくことで、水分の蒸発を早め、加湿の役割を果たします。

さらに乾きを早めたい場合は、梅雨の時期同様扇風機を使用すると良いです。扇風機は首振り機能を使用し、部屋全体に空気が行き渡るようにすると部屋干しのにおいが分散されます。

 

部屋干しで乾かない時のコツ

部屋干しのにおいが気になる場合、一番は換気をすることが重要です。

近年はコロナウィルスの影響もあり、室内の空気がこもりがちになると雑菌がまん延し不衛生だ、という認識が広がってきました。

梅雨の時期であっても換気を行い、部屋の空気を入れ替えることで気分も替えられます。
冬季の場合、より一層の換気が推奨されます。また、柔軟剤を選びいろいろ試してみることも部屋干しの悩み解決に繋がります。

最近の洗濯洗剤は多種多様で、フローラルな香りのするものからさわやかなものまで、そして柔軟剤の匂いが苦手だという人のために作られた無香料のものもあります。もちろん、先に述べたように部屋干しのにおいを軽減するための洗剤もあります。

気分転換にいつもと違った洗剤を使用し、試してみるのも悩み解決の一歩となります。

部屋干しで乾かない・匂いが辛い時の体験談

私が部屋干しで悩んだことは、洗濯物の量が多いとき限られたスペースでどうやって干したらよいか、ということです。

マンションの一室なので、部屋干し出来るスペースがわずかしかありません。しかし密集して干してしまうと、全然乾かなかったり、部屋干しのにおいがすごく気になってしまいました。

そこで、二段タイプの洗濯ラックを購入し、上下に洗濯物を分けて干し、隙間を多く作ることにしました。さらに扇風機を回し、空気を入れ替えるようにしました。

おかげで洗濯物はすぐに乾くようになり、二段タイプなので場所をとることもなく、多くの洗濯物をさばくことができています。

梅雨の時期だけではなく、冬の間も同様に、扇風機を回して隙間風をたくさん送るようにしています。

まとめ

解決方法はたくさんあるのであきらめないでください!

洗濯は日々の生活で欠かせない家事です。しかし、天候や季節に左右されやすいものでもあります。やむを得ず部屋干しを選んだ時、なかなか乾かずに生乾きの洗濯物と、部屋のにおいが混ざって不快になってしまうことは多くの人が経験していることです。

解決策はいろいろあります。一番は換気で空気の流れを作ること、扇風機や除湿器の利用で湿度を減らすこと、あとはコインランドリーを使用するのも手です。そしてたくさん販売されている部屋干し用の洗剤を使用してにおいを軽減する方法もあります。

おうち時間が増えてきた昨今、洗濯物とすごす部屋の空間改革に役立ててもらえたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました