部屋の整理整頓ができない!どこにしまったか分からない場合の対処法

部屋の整理整頓ができない!どこにしまったか分からない場合の対処法 整理整頓

部屋の整理整頓ができない!その原因は?

部屋の整理整頓ができない原因は人や環境によりさまざまですが、下記のようなことが考えられます。

  • 整理整頓の定義が不明確であり本人自身も理解していない
  • 物をたくさん所有している、または不要なものまで所持している
  • 物を捨てるのがもったいないという精神や迷信にとらわれているところがある
  • この物はまだ使えるかもしれない、いつか使うといった将来性が乏しいものが多い
  • 人にものをもらうときもとりあえずもらっておくという気持ちが強い=上手に断れない性格
  • 「お買い得」「特売品」「試供品」という言葉に弱く必要も無いのに購入してしてしまう

他にも、所持しているものを全て大切だと思い込んでしまうところがあり、誰がみてもゴミではないかというものまで捨てられずに所持していることが多いです。

もはや捨て方がわからないのが現実であることのほうが多いかもしれません。

捨てることへの抵抗が強く、自分自身ではどうすることもできないことも原因として考えられます。
かといって、他人に捨ててもらったりお金を払ってまで捨てるのはもったいないと思いがちなことが実情であると思われます。

毎日の食事作りにおいて、献立を考えるのが面倒で億劫だという悩み
毎日の食事作りにおいて、献立を考えるのが面倒で億劫だという悩みは誰にでもありますよね。 とはいえ、食事作りは毎日の家事として必須。どうにか楽にできないものか? 今回は毎日の献立が面倒な人のための対処法について紹介します。 献立...

部屋の整理整頓を上手にこなすコツ3選!

部屋の整理整頓を上手にこなすコツを3つ紹介していきます!

  • 整理整頓について学ぶ
  • 不要なモノを処分する
  • 物の居場所を作ってあげる

整理整頓について学ぶ

ひとつ目は、整理整頓の定義を理解するということが重要です。

整理とは不要なものを取り除くこと、整頓は配置することです。

まずは整理をしないと整頓はできないということですね。

不要なモノを処分する

ふたつ目は整理をするために不要な物を処分することです。

処分といっても単にゴミとして捨てるのではなく、リサイクルやリユース、リサイクルショップやフリーマーケット、ネットでのフリーマーケットなどのツールを利用してみてはいかがでしょうか。
自分に合った処分方法を見つけて、実行していくことが大切です。

物の居場所を作ってあげる

3つ目は、必要なものの住所を指定してあげること。

不要なものを処分した結果、必要なものだけが残っているはずなので、例えばキッチン用品はこの場所に、シーズンオフのものはこの場所に、というようにひとつひとつのものに対して居場所を作ってあげましょう。

その物の住所を決めることによって、誰がみてもその物の位置が明確になるため、使用しても元の場所にもどすという片付ける行為ができるようになります。

それされできれば、部屋は散らかることなく常に整理整頓された状態を保つことができます。

この3つのコツを実践することによって、物を探す時間が短縮されるので、ストレスもなくなると思います。

【家事】収納の片付けのコツ!部屋に物があふれて片付かない時の対処法
衣類が多いと収納に入りきらないということがありますよね。 リビングなどにたくさんのモノがあり、ソファー等に散らかっていたりしますよね。 そんな時の収納のコツについて紹介していきます。

部屋の整理整頓を楽しむためには?

好きな物や思い入れのある物だけを選ぶようにしましょう!

好きな物だけに囲まれて生活するということを続けると、物に愛着もわき、大切にするようになります。

お気に入りのものだけに囲まれているというだけで、自分の気持ちも心地よくなるので、更に整理整頓が楽しくなってくるはずです。

そうすると不要なものを家の中にいれてしまいそうになったときにも、本当に必要かどうかと立ち止まって考えられることができるので、これもまた楽しみであると思います。

またこの考え方は他のことにも当てはめることができるので、そうすると日常がもっと楽になると思います。

たとえば、情報量や人間関係などです。
不要な情報を得ることで自分のストレスになることがあるので、情報を得る前に本当に自分にとって必要なのか判断できる力が付きます。

人間関係も同じで、自分と付き合う人が、自分にとってデメリットしか与えない人だったら付き合わないほうがストレスにならないという判断もできます。

部屋の整理整頓が難しかった体験談

実は私も昔は整理整頓ができていませんでした。

私はもともと部屋がものすごく汚くて、それこそどこになにがあるかわからないことが多かったです。探すのにも時間がかかり、今思えば無駄な時間やお金を費やしていたと思います。

物が多いばかりに新たに収納グッズを購入したりと、物は増えるわお金は減るわと良いことがありませんでした。
気づけば、全然着ない服や化粧品がたくさんあったり、賞味期限ぎれのものが多かったりとお金を無駄にしていました。

今はものは最低限しかなく、物がどこにあってどれくらいあるのかという把握もできるので、無駄にお金を使ったり時間を使うことが減り快適な生活を送っています。

整理整頓、整理収納とはなにかを学ぶことで人生のターニングポイントになったことと、人は変わることができると自分自身で証明できた気がします。

まとめ

整理整頓を理解し生活の質を向上させましょう!

整理とは不要な物を取り除くこと、という定義をしっかりと頭の中にたたき込んでいけば、そこからは次のステージに進むのは簡単で、物の住所を必ず作ってあげること、使ったらその住所に戻してあげることを繰り返すだけで、整頓されたきれいな部屋を維持できます。

また整理することは、物に関すること以外でも必要不要の判断に役立つので、自分自身の生活の質を向上し、毎日快適に生活することができるようになります。

自分が楽しければ、もちろん周りも楽しい気持ちになるので、是非やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました